会計報告

会計報告 Accounting Report

イオンモール株式会社では、環境保全活動や社会地域貢献活動のコストを把握し、CSR経営の指標とし、運用しています。環境保全活動として、投資と費用合計で「102億14百万円」、2016年度比99.4%となりました。

2017年度の投資では、環境負荷を最小限に抑える最新の技術を導入しています。11モールに空調換気省エネシステムを導入したことにより、大幅に電気使用量を削減しています。
省エネルギー・省資源の投資額は2016年度と比較して減少していますが、これは2016年度より電気自動車充電設備の大規模設置を開始した影響であり、2017年度も計画的に電気自動車充電器設置を拡大しました。
社会地域貢献活動では、投資と費用合計で「11億39百万円」となり、2016年度比101.1%となりました。
公益財団法人イオンワンパーセントクラブの助成金事業を受けて日本全国で地域貢献活動を開催しました。そして、イオングループが設置拡大を進める事業所内保育施設「イオンゆめみらい保育園」の展開においては、前年度末において20園となりました。今後もグループ企業の従業員をはじめ、より多くの方々の仕事と育児の両立支援、待機児童解消の一助となる取り組みを進めていきます。
CSR会計全体しては、2016年度比99.6%の計上となりました。

環境保全コストの主な内訳

※横スクロールしてご覧ください

  投 資 費 用 総合計(単位:百万円)
2016年度 2017年度 前年比 2016年度 2017年度 前年比 2016年度 2017年度 前年比
環境関係調査費用 60 70 115.90% 60 69 115.0%
環境保全資材の導入 42 49 116.7% 42 49 116.7%
地球環境保全・植樹活動 432 493 114.1% 432 493 114.10%
施設メンテナンス 2,899 4,447 153.4% 2,899 4,447 153.4%
省エネ・省資源 3,579 2,360 65.9% 20 20 100.0% 3,598 2,381 66.2%
電気自動車充電器 622 319 51.3% 622 319 51.3%
空調換気省エネシステム 259 405 156.4% 259 405 156.4%
LED 2,283 1,590 69.6% 2,283 1,590 69.6%
その他 415 45 10.8% 20 20 100.0% 435 65 14.9%
廃棄物処理とリサイクル 1,531 1,629 106.4% 1,531 1,629 106.4%
環境管理 1,366 452 33.1% 1,366 452 33.1%
事故・緊急事態予防・対応 346 691 199.7% 346 691 199.7%
環境保全活動 合計 3,579 2,360 65.9% 6,697 7,854 117.3% 10,275 10,214 99.4%
社会地域貢献活動 1,127 1,139 101.1% 1,127 1,139 101.1%
総合計 3,579 2,360 65.9% 7,824 8,994 115.0% 11,403 11,354 99.6%
投資額略図
費用額略図
投資+費用総額の年度別推移略図

期間:2016年3月1日~2017年2月28日 
範囲:イオンモール(株)ISO14001適用範囲内とする

①複合コスト
環境目的以外のコストと結合している場合についても、原則として全額計上しています。
②人件費
イオンモール従業員の人件費は原則として計上していません。ただし「施設メンテナンス」「廃棄物処理とリサイクル」は人件費を計上しています。
③投資
期中に発生した環境負荷低減の関連機器および施設への投資額で計上しています。(リース契約の場合は、費用に計上)導入後、移管もしくは変動したものも導入時の金額が判明している場合は投資として計上しています。(氷蓄熱システムなど)
④減価償却費
減価償却費は計上していません。