English English Japanese Japanese
  • CSR Report
  • 資料ダウンロード

IR情報開示方針

開示方針(ディスクロージャーポリシー)

基本方針

当社は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまから信頼されるディスクロージャー体制の確立に努め、適正、公正、迅速な情報開示を行ってまいります。

情報開示の方法

当社は、金融商品取引法等の関係法令及び東京証券取引所の定める適時開示規則等に則り、情報開示を行い、公開後すみやかに当社ウェブサイトにも同一情報を掲載いたします。また、規則等に該当しない情報についても、当社をご理解いただくうえで有用と判断される情報についても、当社ウェブサイトやメディア等を通じて、できるだけ公平に、当該情報が伝達されるよう努めます。

風説の流布に対する対応

風説の流布に対する問い合わせには、原則としてコメントいたしません。ただし、放置した場合に当社に重大な影響があると判断される場合には、必要に応じて適切に対処いたします。

IR活動自粛期間(クワイエットピリオド)の設定

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表日前の一定期間を沈黙期間に設定しております。沈黙期間は、本決算、四半期決算ともに、概ね決算発表日前の4週間として、決算に関するコメント・お問い合わせに対する回答を差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に発生した事象が適時開示に該当する場合には、適時開示規則に従い適宜公表いたします。なお、沈黙期間中も、すでに公表済みの情報に関する範囲のご質問等につきましては対応いたします。

ページトップへ