AEON MALL

RECRUITING 2018

>MY PAGE >RECRUIT ENTRY

社会貢献・環境への取り組み

国内で149のモールを展開するイオンモールは、一つひとつが地域の特色を魅力的に映し出し、周辺に暮らす皆さまに愛着を持っていただける商業施設であるために、より一層の地域振興・地域貢献に取り組んでいます。また、環境・安全面においても先進的な取り組みを率先して導入し、社会の規範となる商業施設をめざしています。

社会への貢献、環境への配慮。イオンモールは、
地域と密着し、愛されるモールづくりを進めてゆきます。

安全・安心な暮らしと
地域への貢献を大切にします。

イオンモールでは、大規模な災害などの万一に備えて、モールが地域の防災拠点として機能する体制を整備しています。有事が起きた際を想定し、定期的に防災訓練を実施しているほか、多くのイオンモールでは防災活動への協力に関する協定を地方行政と締結。加えて非常用発電機の設置や、受水槽へ仮設給水口を設置するなど、災害時における地域の早期復興の一助となることを目的とした機能も備えています。
一方で、イオンモール太田では、各地のお祭りを一堂に集めた「まつり祭り」、イオンモール浦和美園では警察と協力した「親子で学ぶ自転車教室」など、各モールが立地する地域の特性や、状況に応じた各モールの取り組みも積極的に推進。さらに、年々高まりつつある健康増進を目的に、「モールウォーキング」を各地で実施するなど、地域貢献施策も積極的に展開しています。

防災訓練

モールウォーキング

地域から地球へ。
自然と調和したまちづくりを。

イオンは、1991年より新しい施設がオープンする際に、お客さまとともに施設の敷地内に植樹をする「イオン ふるさとの森づくり」を実施しています。新しくできる施設が地域に根ざし、コミュニティの場となること、さらに緑を育む心が地域の人々に広がることを願い、この活動を行っています。これまで、この「イオン ふるさとの森づくり」をはじめとする植樹活動により、累計約1,120万本(2016年2月末現在)に達しています。
また、環境負荷の低減や、地域に調和した施設作りを積極的に推進。不動産会社・運用機関のサステナビリティ配慮を測る国際的なベンチマーク「GRESB」の最高位「グリーンスター」を2015年に続き、2016年も取得したほか、生物多様性に配慮した緑地づくりなどの取り組みを評価・認証する「いきもの共生事業所®」に5モールが認証されるなど、外部からも高い評価を得ています。

モール壁面緑化で資源エネルギーの有効活用

最高位「グリーンスター」の評価を取得