AEON MALL

RECRUITING 2018

>MY PAGE >RECRUIT ENTRY

安全・安心・快適の面から、
理想のモールを追求。

礒部 晃平

営業本部 営業統括部
東海・長野事業部
イオンモール新瑞橋
2014年入社

礒部 晃平

営業本部 営業統括部
東海・長野事業部
イオンモール新瑞橋
2014年入社

すべてはお客さまのために

イオンモールは曜日や時間帯によって、さまざまな表情を見せます。ウィークデーの昼間は年配の方や小さなお子さまをお連れのお客さまが目立ちますし、夕方以降は友達同士で訪れる学生、土曜日や日曜日になればご家族全員でのご来店や、デート中のカップルの楽しそうな姿も見られます。このようにイオンモールは多くのお客さまをお迎えしますので、施設内の清掃・保全には細心の注意を払わなければなりません。施設内の清掃状況はもちろんのこと、各種設備が問題なく稼働するか、館内の温度など、確認すべき事項は多岐にわたります。そのために、開店前や営業中の館内巡回をこまめに行い、少しでも気になったことがあれば、上司や関係部署・協力会社への報告・改善を行うと共に、速やかに改善し、常にお客さまが心地良く過ごして頂けるよう努めています。
また、飲食店舗の食品衛生管理や防災訓練の計画・実行、専門店従業員様向けの研修や親睦会の企画なども私たちオペレーションの業務です。その業務の範囲は非常に幅が広いですが、どの業務も「すべてはお客さまのために」すべき事はなにか、あるべき姿は何かを考えながら日々取り組んでいます。


常に進化を続けるイオンモール

先に述べた業務でもそうですが、キャラクターショーなどのイベント対応や店舗の入れ替えはもちろんのこと、専門店従業員にとっても働きやすい環境だと感じていただけるよう、例えば従業員休憩室の改善など、季節やモールの特徴によって取り組み方も異なります。
とくにモールのリニューアルは事前計画から準備、工事業者の手配、工事の安全・進捗管理、引き渡しまで長期にわたって気を配らなければならず、オペレーション担当の幅広いスキルや経験が求められます。特にその規模が館全体を活性化させるような大規模なリニューアルに至っては、多くのテナントの入退店や館内環境の刷新などを行うことから、リニューアルオープンの1年以上前から計画し、遂行していくこととなります。当然現地に常駐する私たちモールスタッフだけで行うものではなく、本社スタッフ、協力会社、専門店や工事業者など、多くの関係者が関わることとなります。そんなときも、工程管理や安全管理をコントロールすることとなるオペレーション担当者は、全体を俯瞰しながら日々の進捗の確認を行い、スムーズにリニューアル全体を進めていく役割が求められます。結果、計画通りにリニューアルを果たすことにより、お客さまがこれまで以上にご愛顧いただくようになるとともに、新たなモールのファンを獲得することにも繋がります。リニューアル当日、モール内がお客さまで溢れる光景を目にすると、それまで慌ただしく奮闘した甲斐があったと大きな充実感を感じることができます。


モールで育まれる信頼関係

若いうちから重要な仕事が任される当社。入社1年目からオペレーション担当として、館内の安全を確保する警備業務の主担当を任されました。とくに警備の重要度が増すのは土日です。当時、勤務していたイオンモール鶴見緑地ではキャラクターショーや音楽ライブを多く開催しており、当日は大混雑になります。お客さまが安心してイベントを楽しんでいただけるよう、警備人員・配置の計画や事前準備、当日の流れに関して警備会社、イベント会社、営業担当者と打ち合わせを行います。そんな警備業務の経験を通して学んだことは、コミュニケーションの大切さや視野を広げることの重要さ。そこで得た経験は、その後、設備や食品衛生管理、モールの活性化でも大きく活かされました。
そうして迎えた3年目にイオンモール新瑞橋への異動の辞令を受けました。イオンモール鶴見緑地での約2年間を振り返ると、新入社員として配属され、さまざまな方に迷惑をかけてばかり、何か自分が貢献できたことはあったのかという思いでした。
しかし、最後の勤務を終えた送別会のとき、事務所メンバーだけでなく、これまで関わった多くの方々にお越しいただき、「一緒に働けて楽しかった」、「担当が礒部くんで頼もしかったよ」といった言葉をかけていただきました。自分も何か役に立てたことがあったのだと実感することができました。今考えると、日々の積み重ねから知らぬ間に築くことのできた信頼関係こそが何よりの財産だったと感じています。


ゼネラルマネージャーをめざす私にとって、すべてが糧になる

イオンモール鶴見緑地で勤務した2年間では、「自分なりにこうしていきたい」「こんなことをやってみてはどうか」といった想いを持って数々の提案を行いました。積極性が功を奏して大きな手応えを得たこともありましたが、時には自分の考えが甘く周りとのコミュニケーション不足で上手くいかなかったこともあります。そうした経験の中で得たノウハウや経験は、私にとって財産と言えます。現在勤務するイオンモール新瑞橋で、それを存分に発揮するとともに、さらにブラッシュアップしていきたいですね。
私の10年後の目標はモール運営の責任者であるゼネラルマネージャー(GM)になることです。日々のオペレーション業務やリニューアルの業務を通してGMの影響力の大きさや強いリーダーシップを間近で感じることができ、さらにGMとなって自分も仕事がしてみたいという想いが強くなりました。
目標を達成するためには、営業やリーシングなどといったオペレーション以外の知識やスキル、リーダーシップ、マネジメント力なども習得する必要があると感じています。また、資格取得のような自己啓発、最新の商業施設視察にもより一層力を入れていきたいです。
今後のキャリアを経る中でさまざまな課題に直面することもあると思います。しかし、これまでの経験を活かし、周囲の方々と協力しながら信頼関係を構築し、一つひとつ乗り越えるとともに、自分らしくチャレンジ精神を持ち続けて取り組むことで、これからもお客さまから愛されるイオンモールづくりに取り組んでいきたいと思います。

イオンモールをつくる仕事〜開発の流れとそれぞれの業務〜