本文へスキップ

CSR・環境活動

イオンモール CSRレポート 未来への報告書2016

トップメッセージ

イオンモールの使命は、まちづくりからライフデザインへ。地域のニーズや時代の変化を捉え、企業としての責任を果たします。
イオンモール株式会社 代表取締役 吉田 昭夫

当社はイオングループの中核企業としてショッピングモールの開発・運営を担い、2016年2月現在、日本国内、中国、アセアンに161のショッピングモールを展開しています。
2015年度からは、<イオンモールは、地域とともに「暮らしの未来」をつくるLife Design Developerです。>という新たな経営理念を掲げました。

すでに国内では144のショッピングモールを展開していますが、全国各地のイオンモールは、同質化した支店のようなものではありません。ひとつひとつのモールが地域の特色を魅力的に映し出し、また周辺に暮らす皆さまのライフステージに応じたニーズを満たす商業施設であるべきです。そこで数年前から、「コンセプトモール」と称して特色や方向性をより明確に打ち出した新店を各地に展開し、そこにしかない魅力を追求してきました。加えて、既存モールの活性化にも積極的に取り組んでいます。単なる改装ではなく、増床や大幅な専門店の入れ替えを行い、歳月を重ねても新鮮な発見や喜びに満ちたモールづくりを進めています。

本冊子でご報告いたしますとおり、当社はこれまで環境面や安全面でも先進的な取り組みを率先して導入し、さまざまなデータやノウハウを蓄積してまいりました。急速に環境意識が高まりつつある中国やアセアンへの出店にあたっても、各国が打ち出す規制や基準の先を行く取り組みを自らに課し、新たな規範となるモールづくりをめざしています。人と環境に配慮したモールづくりを推し進め、地域の皆さまや社会からご支持をいただくことで、アジアNo.1商業ディベロッパーをめざしてまいります。引き続きご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

ページトップへ